unameコマンド


Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
30日掛かって覚えるプロの技術を、たった2日間で学習できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7.1版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

OS情報を表示する

■-- 文法 --■

uname

   例)
     uname
     OS情報を表示する
       ※▲はスペースを表してます。

■ 説明
unameコマンドはOSの情報を表示します。たとえば、OSのリリース番号や、ハードウェア情報などが表示されます。オプションを指定することで、ホスト名や、カーネルコンパイル日時などの情報も表示することができます。

■ オプション
-n ホスト名を表示する
-r OSのリリース番号を表示する
-v カーネルのコンパイル日時を表示する
-m マシンタイプを表示する
-p プロセッサタイプを表示する
-a すべての情報を表示する


■ 実行例

▼ OS情報を表示する
------------------------------------
$ uname ←「uname」コマンドを実行します
Linux ←「Linux」と表示されます

オプションなしで実行すると現在稼動しているシステム名を表示します。Linuxの場合は「Linux」と表示されます。
------------------------------------

▼ ホスト名を表示する
------------------------------------
$ uname -n ←オプション「-n」を指定して実行します
kitty ←ホスト名が表示されます
------------------------------------

▼ カーネルコンパイル日を表示する
------------------------------------
$ uname -v ←オプション「-v」を指定して実行します
#1 Wed Oct 29 15:42:51 EST 2003 ←カーネルコンパイル日を表示します
------------------------------------

▼ すべての情報を表示する
------------------------------------
$ uname -a ←オプション「-a」を指定して実行します
Linux kitty 2.4.22-1.2115.nptl #1 Wed Oct 29 15:42:51 EST 2003 i686 i686 i386 GNU/Linux
↑左から「システム名」、「ホスト名」、「OSのリリース番号」、「カーネルコンパイル日時」、「マシンタイプ」、「プロセッサタイプ」、「ハードウェアプラットフォーム」、「OS」となっています
------------------------------------



■CentOS7.1サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
 「CentOS7.1」のサーバー構築手順、「VMware Player」の
 ダウンロードとインストール手順をまとめたマニュアルを
 無料でプレゼントしています。


 詳しくは↓のページで説明していますので、今すぐクリックしてダウンロードしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする