dmesgコマンド


Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
30日掛かって覚えるプロの技術を、たった2日間で学習できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

システムのメッセージを表示する

■-- 文法 --■

dmesg

   例)
     dmesg
     システムのメッセージを表示する
       ※▲はスペースを表してます。

■ 説明
dmesgコマンドは、起動時のシステムメッセージを表示します。また、ディスク容量が一杯でデータやファイルを書き込めなかった場合のエラーメッセージも表示します。
主にシステム障害などが発生した場合などにこのdmesgコマンドを使用して、障害原因の追究などに使います。

■ オプション
特に無し


■ 実行例

▼ システム起動時のメッセージを表示する
------------------------------------
$ dmesg ←「dmesg」コマンドを実行します
Linux version 2.4.22-1.2115.nptl (bhcompile@daffy.perf.redhat.com) (gcc version
3.2.3 20030422 (Red Hat Linux 3.2.3-6)) #1 Wed Oct 29 15:42:51 EST 2003
BIOS-provided physical RAM map:
BIOS-e820: 0000000000000000 - 000000000009f800 (usable)
BIOS-e820: 000000000009f800 - 00000000000a0000 (reserved)
BIOS-e820: 00000000000e7000 - 0000000000100000 (reserved)
BIOS-e820: 0000000000100000 - 00000000040fdc00 (usable)
BIOS-e820: 00000000040fdc00 - 00000000040ff800 (ACPI data)
BIOS-e820: 00000000040ff800 - 00000000040ffc00 (ACPI NVS)
BIOS-e820: 00000000040ffc00 - 0000000008000000 (usable)
BIOS-e820: 00000000fffe7000 - 0000000100000000 (reserved)
0MB HIGHMEM available.
128MB LOWMEM available.
ACPI: have wakeup address 0xc0001000
On node 0 totalpages: 32768
------------------------------------



■CentOS7.1サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
 「CentOS7.1」のサーバー構築手順、「VMware Player」の
 ダウンロードとインストール手順をまとめたマニュアルを
 無料でプレゼントしています。


 詳しくは↓のページで説明していますので、今すぐクリックしてダウンロードしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする