fgコマンド


Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
30日掛かって覚えるプロの技術を、たった2日間で学習できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

フォアグラウンドでジョブを実行する

■-- 文法 --■

fg (ジョブ番号)

   例)
     fg▲1
     フォアグラウンドでジョブを実行する
       ※▲はスペースを表してます。

■ 説明
fgコマンドは、一時停止しているジョブをフォアグランドジョブとして実行します。引数なしでこのコマンドを実行した場合、停止しているジョブが複数あった場合、最後に停止したジョブがフォアグランドジョブとして実行されます。また、引数にジョブを指定して実行することもできます。

■ オプション
ジョブ番号 停止しているジョブ番号

■ 実行例

▼ 停止しているジョブをフォアグランウンドで再開する
------------------------------------
$ jobs ←ジョブの状態を表示します
[1]+ Stopped top ←「top」コマンドが停止中です
$ fg ←停止中のジョブを再開します
top - 13:47:19 up 34 min, 2 users, load average: 0.00, 0.00, 0.00
Tasks: 64 total, 1 running, 63 sleeping, 0 stopped, 0 zombie
Cpu(s): 0.0% us, 0.0% sy, 0.0% ni, 100.0% id, 0.0% wa, 0.0% hi, 0.0% si
Mem: 1027620k total, 399732k used, 627888k free, 11112k buffers
Swap: 2031608k total, 0k used, 2031608k free, 317636k cached

PID USER PR NI VIRT RES SHR S %CPU %MEM TIME+ COMMAND
1 root 16 0 3164 564 1408 S 0.0 0.1 0:00.80 init
2 root 34 19 0 0 0 S 0.0 0.0 0:00.00 ksoftirqd/0
3 root 5 -10 0 0 0 S 0.0 0.0 0:00.00 events/0
------------------------------------


▼ ジョブ番号を指定して、ジョブを再開する
------------------------------------
$ jobs ←ジョブの状態を表示します
[1]- Stopped man fg
[2] Stopped top
[3] Stopped tail -f /var/log/messages
[4]+ Stopped man ls
↑4つのジョブが一時停止になっています
$ fg 3 ←ジョブ番号「3」のジョブを再開します
tail -f /var/log/messages
Jan 29 13:56:12 dolphin remote(pam_unix)[3248]: session opened for user pakira by (uid=0)
Jan 29 13:56:12 dolphin -- pakira[3248]: LOGIN ON pts/4 BY pakira FROM 192.168.2.100
------------------------------------



■CentOS7.1サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
 「CentOS7.1」のサーバー構築手順、「VMware Player」の
 ダウンロードとインストール手順をまとめたマニュアルを
 無料でプレゼントしています。


 詳しくは↓のページで説明していますので、今すぐクリックしてダウンロードしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする