起動時のメッセージを確認する


Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
30日掛かって覚えるプロの技術を、たった2日間で学習できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

Linuxは起動する際にデバイスの初期化やサービスの起動をします。その際に様々なメッセージを表示します。このメッセージは非常に高速に表示されるので、起動時に確認するのは大変困難です。

このメッセージを確認するには、ログファイルとして記録している「/var/log/dmesg」ファイルを確認するか、またはdmesgコマンドを実行します。

root@tiger root]# dmesg ←dmesgコマンドを実行します。
Linux version 2.4.31-0vl1.8smp (daisuke@windy.dicey.org) (gcc バージョン 3.3.2 20031218 (Vine Linux 3.3.2-0vl8)) #1 SMP
2005年 9月 5日 月曜日 03:19:09 JST
BIOS-provided physical RAM map:
BIOS-e820: 0000000000000000 - 000000000009f000 (usable)
BIOS-e820: 000000000009f000 - 00000000000a0000 (reserved)
BIOS-e820: 00000000000f0000 - 0000000000100000 (reserved)
BIOS-e820: 0000000000100000 - 000000007f7f0000 (usable)
BIOS-e820: 000000007f7f0000 - 000000007f7f3000 (ACPI NVS)
BIOS-e820: 000000007f7f3000 - 000000007f800000 (ACPI data)
BIOS-e820: 00000000e0000000 - 00000000f0000000 (reserved)
BIOS-e820: 00000000fec00000 - 0000000100000000 (reserved)
1143MB HIGHMEM available.
896MB LOWMEM available.
found SMP MP-table at 000f5080
hm, page 000f5000 reserved twice.
hm, page 000f6000 reserved twice.
hm, page 000f0000 reserved twice.
hm, page 000f1000 reserved twice.
On node 0 totalpages: 522224
zone(0): 4096 pages.



■CentOS7.1サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
 「CentOS7.1」のサーバー構築手順、「VMware Player」の
 ダウンロードとインストール手順をまとめたマニュアルを
 無料でプレゼントしています。


 詳しくは↓のページで説明していますので、今すぐクリックしてダウンロードしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする