起動時に「LI」とだけ表示され停止してしまう

HOMELinux技術 リナックスマスター.JP(Linuxマスター.JP)LinuxtipsLinuxtips, 起動 > 起動時に「LI」とだけ表示され停止してしまう

Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
30日掛かって覚えるプロの技術を、たった2日間で学習できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

ブートローダはLILOのBIOS機能を使用してLinuxカーネルのロードを行いますが、BIOSによっては、ハードディスクの1024シリンダ以降のファイルを読み込むことが出来ない場合があります。

そのため、LILOのプログラムが1024シリンダ以降にあると、LILOを読み込むことができず、表示が「LI」で停止してLinuxが起動できません。これが「8.4GBの壁」と呼ばれるBIOSの問題です。

対策方法としては2つあり、ひとつはブートローダにGRUBを使用することです。GRUBは1024シリンダに関係なく起動できるますので、回避することができます。また、Linuxをインストールする際に作成できる起動ディスクを使用しても正常にLinuxを起動することができます。

また余談ですが、どうしてもLILOを使用しなくてはならない場合は、LILOプログラム本体をBIOSが読み込める1023シリンダ以内に収まるようにする必要があります。RedHat Linuxや多くのLinuxのインストーラーがわざわざ/bootパーティションを作成するのは、1023シリンダ以内に収めるためです。

デュアルブートの場合には、LILOがMBRにインストールしてあると、Linuxだけではなく、Windowsも起動できなくなります。そのような場合にはLILOをアンインストールすることで回避することができます。

MBRにインストールされているLILOをアンインストールする

■Linuxの場合
[root@tiger root]# lilo -u

■Windowsの場合(Windowsの起動ディスクで起動後)
A:\>fdisk /mbr



■CentOS7.1サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
 「CentOS7.1」のサーバー構築手順、「VMware Player」の
 ダウンロードとインストール手順をまとめたマニュアルを
 無料でプレゼントしています。


 詳しくは↓のページで説明していますので、今すぐクリックしてダウンロードしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする