fsckコマンド


Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
30日掛かって覚えるプロの技術を、たった2日間で学習できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7.1版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

ハードディスクの検査、修復をする

■-- 文法 --■

fsck▲(オプション)▲ファイルシステム

   例)
     fsck▲-y▲/dev/hda2
     ファイルシステムを修復する
       ※▲はスペースを表してます。

■ 説明
fsckコマンドはファイルシステムの検査を行い、修復が必要な場合に修復を実行します。

システム動作に問題がない場合には、実行することはありませんが、shutdownコマンドを使用しないで、電源を落とした場合などには、次にシステムを起動したときに自動でfsckコマンドが実行されます。

MS-DOSで言うと、chkdsk、Windowsではscandiskに相当するコマンドです。

fsckコマンドは動作に問題があった場合に自動で実行し、ファイルシステムの修復を行いますが、これで修復できない場合には、コマンドを実行してシステムの検査や修復を行う必要があります。

■ オプション

-y すべての問いに「yes」で答える
-n すべての問いに「no」で答える
-v 詳細な情報を表示する


■ 実行例

▼ ファイルシステムを修復する
-----------------------------------------------------------------
# fsck -y /dev/hda2
fsck 1.34 (25-Jul-2003)
e2fsck 1.34 (25-Jul-2003)
/dev/hda2 is mounted.

WARNING!!! Running e2fsck on a mounted filesystem may cause
SEVERE filesystem damage.

Do you really want to continue (y/n)? yes

/: recovering journal
/: clean, 109066/987712 files, 643279/1971978 blocks
-----------------------------------------------------------------



■CentOS7.1サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
 「CentOS7.1」のサーバー構築手順、「VMware Player」の
 ダウンロードとインストール手順をまとめたマニュアルを
 無料でプレゼントしています。


 詳しくは↓のページで説明していますので、今すぐクリックしてダウンロードしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする