suコマンド


Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
30日掛かって覚えるプロの技術を、たった2日間で学習できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

ユーザーを切り替える

■-- 文法 --■

su▲(-)▲(ユーザー名)

   例)
     su▲tomohiro
     ユーザーを切り替える
       ※▲はスペースを表してます。

■ 説明
suコマンドは、ユーザーを切り替える場合に使用するコマンドです。
使用方法としては、suコマンドの引数として、切り替えたいユーザー名を指定して実行します。

また、ユーザー名を指定しないで実行した場合には、
スーパーユーザーへの切り替えになります。

もとのユーザーに戻る場合にはexit、logoutと入力するか、「Ctrl」+「d」で戻れます。
ちなみに、suとは「substitute User」の略になります。

■ オプション

- 切り替え後のユーザー環境に変更する

■ 実行例
▼ユーザーを切り替える
-----------------------------------------------------------------
$ whoami ←現在のユーザーを表示します。
pakira  ←ユーザーが表示されます。
$ su tomohiro ←suコマンドでユーザーをtomohiroに変更します。
Password:  ←パスワードを入力します。
$ whoami  ←再度、ユーザー名を表示します。
tomohiro  ←ユーザー名がtomohiroになっています。
$ exit   ←exitで元のユーザーに戻ります。
exit
$ whoami  ←再度、ユーザー名を表示します。
pakira   ←ユーザー名がpakiraになっています。
-----------------------------------------------------------------

suコマンドを実行すると、パスワードの入力を求められます。
ここで正しいパスワードを入力すると、ユーザーを切り替えることができますが、
間違ったパスワードを入力すると、元のユーザーのままになります。

また、スーパーユーザーから一般ユーザーへ切り替る際は、パスワードは求められません。

▼rootに切り替えた後、一般ユーザーに戻る
-----------------------------------------------------------------
$ whoami ←現在のユーザーを表示します。
pakira  ←ユーザーが表示されます。
$ su - ←suコマンドでrootに変更します。
パスワード:
# whoami ←現在のユーザーを表示します。
root    ←ユーザーが表示されます。
# su - pakira  ←suコマンドでpakiraに変更します。
$ whoami  ←現在のユーザーを表示します。
pakira   ←パスワードを求められず、pakiraユーザーになります。
$
-----------------------------------------------------------------
オプションとして、suコマンドの後に「-」をつけると、
シェルの実行環境を切り替え後のユーザーの環境へ切り替えることができ、
切り替え後のユーザーでログインした状態と同じになります。



■CentOS7.1サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
 「CentOS7.1」のサーバー構築手順、「VMware Player」の
 ダウンロードとインストール手順をまとめたマニュアルを
 無料でプレゼントしています。


 詳しくは↓のページで説明していますので、今すぐクリックしてダウンロードしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする