groupaddコマンド


Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
30日掛かって覚えるプロの技術を、たった2日間で学習できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7.1版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

グループを追加する

■-- 文法 --■

groupadd▲(オプション)▲グループ名

   例)
     groupadd▲linuxuser
     グループを追加する
       ※▲はスペースを表してます。

■ 説明
groupaddコマンドは新規にグループを追加する際に使用します。通常、新規にユーザを追加した際にはユーザ名と同じ名前でグループも作成されます。(これをユーザプライベートグループといいます)

また、グループIDの500未満はLinuxシステムであらかじめ使用されている為、グループを追加した際は、500以上で使用されていないIDが順番に割り振られます。ちなみにグループ情報は/etc/groupファイルに格納されています。

コマンドを実行する際には、引数として追加するグループ名を指定します。

■ オプション

-g グループID  グループIDを指定してグループを作成する

■ 実行例

▼ 新規にグループを作成します
-----------------------------------------------------------------
$ su - ←suコマンドでスーパーユーザになる
Password:
# groupadd linuxuser ←「linuxuser」グループを作成する
# grep linuxuser /etc/group ←グループを確認する
linuxuser:x:503:  ←グループIDが「503」で「linuxuser」グループが作成されている

-----------------------------------------------------------------


▼ グループIDを指定してグループを新規作成します
-----------------------------------------------------------------
$ su - ←suコマンドでスーパーユーザになる
Password:
# groupadd -g 900 linuxmanager ←グループIDを「900」に指定して、「linuxmanager」を作成する
# grep linuxmanager /etc/group ←グループを確認する
linuxmanager:x:900:   ←グループIDが「900」で「linuxmanager」グループが作成されている

-----------------------------------------------------------------



■CentOS7.1サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
 「CentOS7.1」のサーバー構築手順、「VMware Player」の
 ダウンロードとインストール手順をまとめたマニュアルを
 無料でプレゼントしています。


 詳しくは↓のページで説明していますので、今すぐクリックしてダウンロードしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする