wcコマンド


Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
30日掛かって覚えるプロの技術を、たった2日間で学習できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

ファイルのバイト数・単語数・行数を表示する

■-- 文法 --■

wc▲(オプション) ▲ファイル名

   例)
     wc▲file1.txt
     ファイルのバイト数・単語数・行数を表示する
       ※▲はスペースを表してます。

■ 説明
wcコマンドは、指定されたファイルのバイト数、空白で区切られた単語の数、
行数をカウントします。実行方法としては引数に表示したいファイルを指定します。
表示結果は左からバイト数、行、単語数、ファイル名になります。

■ オプション

-c バイト数のみ表示します
-l   改行数のみ表示します
-L ファイルの中の最大長の行を表示します。ファイルが複数指定された場合は、
    それらのうちで最大長を表示します

■ 実行例

▼ファイルのバイト数・単語数・行数を表示する
-----------------------------------------------------------------
$ cat file1.txt ←ファイルの内容を表示する
111111 222222 333333
$ sort -r tee_test.txt | tee test.txt
   ↑ 「tee_test.txt」を逆順でソートし、その結果を画面に表示し、ファイルへ保存する
$ wc file1.txt ←「wc」コマンドを実行する
1 3 21 file1.txt ←左から行数、単語数、バイト数が表示されています。
-----------------------------------------------------------------

▼改行数のみ表示する
-----------------------------------------------------------------
$ wc -l file1.txt ←オプション「-l」で実行する
1 file1.txt ←改行1行として表示する
-----------------------------------------------------------------

▼バイト数のみ表示する
-----------------------------------------------------------------
$ wc -c file1.txt ←オプション「-c」で実行する
21 file1.txt ←21バイトという結果が表示される
-----------------------------------------------------------------

関連記事
ディレクトリ内のファイル数を表示する



■CentOS7.1サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
 「CentOS7.1」のサーバー構築手順、「VMware Player」の
 ダウンロードとインストール手順をまとめたマニュアルを
 無料でプレゼントしています。


 詳しくは↓のページで説明していますので、今すぐクリックしてダウンロードしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする