unset unsetenvコマンド


Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
30日掛かって覚えるプロの技術を、たった2日間で学習できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7.1版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

シェル変数・環境変数を削除する

■-- 文法 --■

unset▲変数
unsetenv▲環境変数

   例)
     unset▲$HOME
     環境変数を削除する(bsh)
       ※▲はスペースを表してます。

■ 説明
unsetコマンドはbshでは環境変数とシェル変数を削除します。
またcshでは、シェル変数を削除します。

cshで環境変数を削除するにはunsetenvコマンドを使用します。
実行する際にはそれぞれのコマンドの引数として
シェル変数名及び、環境変数名をそれぞれ指定します。

■ オプション

なし


■ 実行例

▼ 環境変数を削除する(bsh)
-----------------------------------------------------------------
$ echo $HOME ←環境変数「HOME」を参照します。
/home/web            ←「/home/web」が設定されています。
$ unset HOME ←環境変数「HOME」を削除します。
$ echo $HOME ←環境変数「HOME」を参照します。
                 ←環境変数が削除されています。
-----------------------------------------------------------------

▼ 環境変数を削除する(csh)
-----------------------------------------------------------------
% echo $HOME ←環境変数「HOME」を参照します。
/home/web            ←「/home/web」が設定されています。
% unsetenv HOME ←環境変数「HOME」を削除します。
% echo $HOME ←環境変数「HOME」を参照します。
HOME: 変数を定義していません.  ←環境変数が削除されています。
-----------------------------------------------------------------



■CentOS7.1サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
 「CentOS7.1」のサーバー構築手順、「VMware Player」の
 ダウンロードとインストール手順をまとめたマニュアルを
 無料でプレゼントしています。


 詳しくは↓のページで説明していますので、今すぐクリックしてダウンロードしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする