makeコマンド


Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
30日掛かって覚えるプロの技術を、たった2日間で学習できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

ソースコードのメイクとインストール

■-- 文法 --■

make (オプション) メイクファイル名

   例)
     make
     ソースコードのメイクとインストール
       ※▲はスペースを表してます。

■ 説明
makeコマンドは、コンパイラを起動させてプログラムのソースコードをコンパイル・リンクさせる処理を行います。
UNIXシステムで使用される多くのプログラムは「Makefile」と呼ばれるコンパイルとリンクを行行わせるファイルと、システム環境の情報収集を行う「configure」というファイルを含むかたちで提供されるため、ソースコードでプログラムをインストールする際、必要になるコマンドです。
インストールを実行するにはスーパーユーザ権限が必要になります。

■ オプション
-f ファイル ファイルとして指定したファイルをメイクファイルとして使用する
-n 実際にはメイクしないでテストを行う


■ 実行例

▼ ソースコードをメイクしインストールする
------------------------------------
$ ls httpd-2.0.53.tar.gz ←ソースコードを表示させる
httpd-2.0.53.tar.gz
$ tar zxvf httpd-2.0.53.tar.gz←ソースコードアーカイブを展開する
httpd-2.0.53/
httpd-2.0.53/.deps
httpd-2.0.53/.gdbinit
httpd-2.0.53/ABOUT_APACHE
(中略)
httpd-2.0.53/test/test_select.c
httpd-2.0.53/test/time-sem.c
httpd-2.0.53/test/zb.c
httpd-2.0.53/VERSIONING
$ cd httpd-2.0.53 ←ディレクトリを「httpd-2.0.53」へ移動する
$ ./configure ←最適化処理を行うため「./configure」を実行する
checking for chosen layout... Apache
checking for working mkdir -p... yes
checking build system type... i686-pc-linux-gnu
(中略)
config.status: creating build/rules.mk
config.status: creating include/ap_config_auto.h
config.status: executing default commands
$ make -nf Makefile  ←メイクのテストを実行する
otarget=`echo all-recursive|sed s/-recursive//`; \
list=' srclib os server modules support'; \
for i in $list; do \
if test -d "$i"; then \
target="$otarget"; \
(中略)
make[2]: Leaving directory `/home/pakira/httpd-2.0.53/support'
make[1]: Leaving directory `/home/pakira/httpd-2.0.53/support'
make[1]: Entering directory `/home/pakira/httpd-2.0.53'
make[1]: *** `httpd' に必要なターゲット `modules/aaa/mod_access.la' を make するこの改行は?
ルールがありません。中止。
make[1]: Leaving directory `/home/pakira/httpd-2.0.53'
make: *** [all-recursive] エラー 1 ←エラー表示されているが致命的なえらーエラーではないため、処理を続行する

$ make -f Makefile ←メイクを実行する
Making all in srclib
make[1]: Entering directory `/home/pakira/httpd-2.0.53/srclib'
Making all in apr
make[2]: Entering directory `/home/pakira/httpd-2.0.53/srclib/apr'
(中略)
ldb-4.2 -lexpat /home/pakira/httpd-2.0.53/srclib/apr/libapr-0.la -lrt -lm -lcryp
t -lnsl -lpthread -ldl
make[1]: Leaving directory `/home/pakira/httpd-2.0.53'
$ su -  ←スーパーユーザになる
Password:
# cd /home/pakira/httpd-2.0.53
# make install ←インストールを実行する
Making install in srclib
make[1]: Entering directory `/home/pakira/httpd-2.0.53/srclib'
Making install in apr
(中略)
mkdir /usr/local/apache2/man/man8
mkdir /usr/local/apache2/manual
Installing build system files
make[1]: Leaving directory `/home/pakira/httpd-2.0.53'

------------------------------------



■CentOS7.1サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
 「CentOS7.1」のサーバー構築手順、「VMware Player」の
 ダウンロードとインストール手順をまとめたマニュアルを
 無料でプレゼントしています。


 詳しくは↓のページで説明していますので、今すぐクリックしてダウンロードしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする