nkfコマンド


Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
30日掛かって覚えるプロの技術を、たった2日間で学習できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

文字コード変換

■-- 文法 --■

nkf (オプション) (ファイル名)

     例)
     nkf▲-canna
     文字コード変換する
       ※▲はスペースを表してます。

■ 説明
日本語には、複数の文字コードが存在するため、利用環境によって用いられる
文字コードが違います。異なる環境間でファイルのやりとりを行う場合、
そのままでは、文字化けしてしまい、読めない事があります。
そのような時に文字コードを変換を行うのがnkfコマンドです。
※nkf=Network Kanjicode conversion Filter

nkfコマンドが対応している文字コードは、JIS、Shift-JIS、EUCになり、
それぞれの文字コード間の変換が行えます。

■ オプション
-e EUCコードで表示する
-j JISコードで表示する
-s シフトJISコードで表示する
-E 入力データをEUCコードとして扱う
-J 入力データをJISコードとして扱う
-S 入力データをシフトJISコードとして扱う

文字コードを変換する
$ cat moji.txt  ←ファイルを表示する
Linux答{   ←文字化けして読めない
瓶 気陶誘メ[h

$ nkf -e moji.txt ←文字コードを「EUC」にして表示する
Linuxで日本語を扱うときは文字コードに注意

$ nkf -e moji.txt > moji_euc.txt ←文字コードをEUCに指定して新しいファイルを作成する
$ cat moji_euc.txt    ←ファイルの内容を表示する
Linuxで日本語を扱うときは文字コードに注意

$ nkf -s moji_euc.txt ←文字コードを「シフトJIS」にして表示する
Linux答{       ←「EUC」コードの文字を「シフトJIS」にて表示した為、文字化けする
瓶 気陶誘メ[h

■CentOS7.1サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
 「CentOS7.1」のサーバー構築手順、「VMware Player」の
 ダウンロードとインストール手順をまとめたマニュアルを
 無料でプレゼントしています。


 詳しくは↓のページで説明していますので、今すぐクリックしてダウンロードしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする