kinput2コマンド


Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
30日掛かって覚えるプロの技術を、たった2日間で学習できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

日本語入力システムを起動する

■-- 文法 --■

kinput2 (オプション)

     例)
     kinput2▲-canna
     日本語入力を起動する
       ※▲はスペースを表してます。

■ 説明
kinput2コマンドは、X Window System標準の日本語入力システムです。
kinput2を起動することで、キーボードから入力した内容を日本語に変換できます。

kinput2コマンドは、以下のかな漢字変換サーバーに対応しています。
漢字変換サーバーは、起動時のオプションで切り替えが行えます。

kinput2の対応する漢字変換サーバー
・Wnn(jserver)
・Canna(Cannaサーバー)
・Sj3

また、以下のX windowのクライアントアプリケーションとの
各種通信プロトコルに対応しており、これらのプロトコルをサポートしている
アプリケーションでkinput2を使用した日本語入力が可能です。

kinput2のサポートする変換プロトコル
・kinput
・kinput2
・jinput
・xlc
・XIMP
・XIM

■ オプション
-wnn jserver(Wnnサーバー)へ接続する
-jserver svr ホストsvrのjserverに接続する
-canna Cannaサーバーへ接続する
-sj3 sj3サーバーに接続する
-sj3sevr ホストsvrのsj3サーバーに接続する
-font デフォルトのフォントを指定する
-kanjifont 使用する漢字フォントを指定する
-/+kinput kinputプロトコルファミリー(kinput、kinput2、jinput、xlc)を
有効/無効にする
-/+ximp XIMPプロトコルを有効/無効にする
-/+xim XIMプロトコルを有効/無効にする

■かな漢字変換のキー操作
kinput2をバックグラウンドで実行し、変換機能をオンにすると、
kinput2がキーボードからの入力を処理します。ローマ字→かな→漢字と変換します。
かな漢字変換を行うキー操作は、デフォルトの設定や接続するかな漢字サーバーに
よって異なりますが、ユーザーごとにカスタマイズが可能です。
下記では最低限必要なキー操作を紹介します。
変換機能 キー操作(Wnn) キー操作(Canna)
変換をオン・オフする 「Shift」+「Space」 「Shift」+「Space」
かな漢字変換する 「Ctrl」+「j」 「Space」
変換結果を確定する 「Ctrl」+「l」 「Enter」
文節を伸ばす 「Shift」+「→」 「Ctrl」+「o」
文節を縮める 「Shift」+「←」 「Ctrl」+「i」
次の文節に移動する 「Ctrl」+「f」 「Ctrl」+「f」
前の文節に移動する 「Ctrl」+「b」 「Ctrl」+「b」
前の変換候補を選択する 「Ctrl」+「p」 「Ctrl」+「p」
次の変換候補を選択する 「Ctrl」+「n」 「Ctrl」+「n」



■CentOS7.1サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
 「CentOS7.1」のサーバー構築手順、「VMware Player」の
 ダウンロードとインストール手順をまとめたマニュアルを
 無料でプレゼントしています。


 詳しくは↓のページで説明していますので、今すぐクリックしてダウンロードしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする