niceコマンド


Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
30日掛かって覚えるプロの技術を、たった2日間で学習できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

ジョブの優先順位を変更する

■-- 文法 --■

nice (オプション) (コマンド)

   例)
     nice
     ジョブの優先順位を変更する
       ※▲はスペースを表してます。

■ 説明
niceコマンドは、指定したコマンドの優先度を指定して実行する際に使用します。
実行するコマンドの優先度、重要度によってコマンド処理の優劣を指定し、
効率よくコンピュータ資源を使用するためのコマンドです。

たとえば、緊急度の高いコマンドを優先的に処理することができます。
LinuxはTSS(Time Sharing System)と呼ばれる「時分割処理」でCPUを使用しています。
このシステムは、一つしかないCPUを使って、複数の処理を同時に実行するために
考えられたシステム(マルチタスクと呼びます)です。

優先度を指定しないでコマンドを実行した場合、
すべてのコマンドが同じ優先度で実行されます。

niceコマンドで指定できる優先度を「nice値」と呼びます。
nice値を指定せずにコマンドを実行した場合、nice値は「10」になります。

root(スーパーユーザ)は、より高い優先度を指定できますが、
一般ユーザーは優先度を下げて実行することしかできません。
また、nice値の範囲は「+19」から「-20」まで指定できます。
マイナス値になればなるほど、優先度は高くなります

■ オプション
-n nice値 指定された「nice値」でコマンドを実行する


■ 実行例
-----------------------------------------------------------------
▼ nice値の初期設定値を確認する
-----------------------------------------------------------------
[pakira@Tiger ~]$ nice ←「nice」コマンドを実行します
0   ←優先度は「0」
-----------------------------------------------------------------
▼ プロセスの優先度を下げる(一般ユーザー)
-----------------------------------------------------------------
[pakira@Tiger ~]$ nice -n +5 ping 192.168.0.1 &
[1] 1435    ←プロセスIDが表示されます。
[pakira@Tiger ~]$ ps l -p 1435 ←プロセスID「1435」のみを表示します。
F UID PID PPID PRI NI VSZ RSS WCHAN STAT TTY TIME COMMAND
4 500 1435 1380 25 5 5312 676 ? SN pts/1 0:00 ping 192.168.0.1

上記項目の「NI」がnice値になります。
ここでは優先度が「5」低くなっています。
-----------------------------------------------------------------
▼プロセスの優先度を上げる(一般ユーザー)
-----------------------------------------------------------------
[pakira@Tiger ~]$ nice -n -5 ping 192.168.0.1 &
[1] 1466            ←プロセスIDが表示されます。
[pakira@Tiger ~]$ ps l -p 1466 ←プロセスID「1466」のみを表示します。
F UID PID PPID PRI NI VSZ RSS WCHAN STAT TTY TIME COMMAND
4 500 1466 1380 20 0 6204 680 ? S pts/1 0:00 ping 192.168.0.1

上記項目の「NI」がnice値になります。
一般ユーザーは、優先度を上げられないので、「0」ままになっています。
-----------------------------------------------------------------
▼プロセスの優先度を上げる(root)
-----------------------------------------------------------------
[pakira@Tiger ~]$ su - ←rootになります。
パスワード:
[root@Tiger ~]# nice -n -5 ping 192.168.0.1 &
[1] 1514           ←プロセスIDが表示されます。
[root@Tiger ~]# ps l -p 1514 ←プロセスID「1514」のみを表示します。
F UID PID PPID PRI NI VSZ RSS WCHAN STAT TTY TIME COMMAND
4 0 1514 1493 15 -5 5312 680 - S< pts/1 0:00 ping 192.168.0.1

上記項目の「NI」がnice値になります。
rootは優先度を上げられるので、優先度が「-5」高くなっています。



■CentOS7.1サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
 「CentOS7.1」のサーバー構築手順、「VMware Player」の
 ダウンロードとインストール手順をまとめたマニュアルを
 無料でプレゼントしています。


 詳しくは↓のページで説明していますので、今すぐクリックしてダウンロードしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする