lsコマンド


Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
30日掛かって覚えるプロの技術を、たった2日間で学習できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

自分がアクセスしているディレクトリ内のファイル一覧を表示する

ディレクトリ内に保存されているファイルやディレクトリを表示するのがlsコマンドになります。
lsコマンドには様々なオプションが用意されており、ファイルやディレクトリの情報を色々な形式で
表示させる事が出来ます。

自分がアクセスしているディリクトリ(カレントディレクトリ)に
どのようなファイルやディリクトリがあるか確認したい場合などに使用します。

■-- 文法 --■

ls (オプション) (パス)

   例)
     ls▲-l▲/home/pakira
     「/home/pakira」ディレクトリ内のファイル詳細を表示する
       ※▲は半角スペースを表してます。


■lsコマンドのオプション

 -a 隠しファイル(ピリオドから「.」始まるファイル)も表示する
 -A 隠しファイル(ピリオドから「.」始まるファイル)も表示するが
   カレントディレクトリ、親ディレクトリは表示しない
 -1 1列で表示する
 -l 詳細情報を表示する
 -t タイムスタンプ順にソート(昇順)して表示する
 -r 降順で表示する
 -d 引数がディレクトリの場合、そのディレクトリ内に保存されている
   ファイルではなく、そのディレクトリ自体の情報を表示する
 -S サイズが大きい順並べて表示する
 -X 拡張子ごとに並べて表示する


■-- 実行例 --■

▼ 動画での実行例
実行例で解説している内容を動画にしました。
動画の下にある解説と合わせて利用すると尚lsコマンドが理解できると思います。

▼ 前準備

これから紹介する実行例と同じ結果を得るために下記コマンドを実行して
テスト用のファイルを作成してください。
-----------------------------------------------------------------
$ mkdir work
$ cd work
$ touch data.dat
$ touch out.txt
$ touch test.dat
$ touch tmp.dat
$ touch .kakushi
$ mkdir dir
$ touch exe
$ chmod 755 exe
$ ln -s test.dat test2.dat
-----------------------------------------------------------------
注意:これらのテストファイルはテストを実施しても問題の無い
   環境で作成してください。また上記の前準備ではworkというテスト用の
   ディレクトリを作成し、そのディレクトリ内で作業を行います。

ここで実行するコマンドの詳細は下記ページを確認してください。
touchコマンド
mkdirコマンド
chmodコマンド
lnコマンド

-----------------------------------------------------------------
▼ ファイルを表示する
-----------------------------------------------------------------
$ ls ←コマンド実行
data.dat dir exe out.txt test.dat test2.dat tmp.dat ←ファイルが表示される
-----------------------------------------------------------------

-----------------------------------------------------------------
▼ ファイルの詳細情報を表示する
-----------------------------------------------------------------
$ ls -l  ←「ls」の右に「-l」をオプションとしてつける     
合計 4
-rw-rw-r-- 1 pakira pakira 0 3月 23 16:17 data.dat
drwxrwxr-x 2 pakira pakira 4096 3月 23 16:23 dir
-rwxr-xr-x 1 pakira pakira 0 3月 23 16:24 exe
-rw-rw-r-- 1 pakira pakira 0 3月 23 16:17 out.txt
-rw-rw-r-- 1 pakira pakira 0 3月 23 16:17 test.dat
lrwxrwxrwx 1 pakira pakira 8 3月 23 16:29 test2.dat -> test.dat
-rw-rw-r-- 1 pakira pakira 0 3月 23 16:17 tmp.dat

●詳細はファイルの様々な属性を表示します。左から

・ファイルモード(ファイルタイプ・アクセス権限)
・リンクカウント
・所有者
・グループ
・ファイルサイズ
・タイムスタンプ
・ファイル名

となります。

※ファイルタイプとはそのファイルがディレクトリか普通のファイルか
 をあらわすものです。
-----------------------------------------------------------------

-----------------------------------------------------------------
▼ ファイルの作成時間順に表示する
-----------------------------------------------------------------
$ ls -t ←「ls」の右に「-t」をオプションとしてつける
test2.dat exe dir tmp.dat test.dat out.txt data.dat

※左から作成された時間が新しいファイルが表示されます。
-----------------------------------------------------------------

-----------------------------------------------------------------
▼ ファイルを詳細情報とともに作成時間で昇順表示する
-----------------------------------------------------------------
$ ls -lt ←オプションは組み合わせることが可能
合計 4
lrwxrwxrwx 1 pakira pakira 8 3月 23 16:29 test2.dat -> test.dat
-rwxr-xr-x 1 pakira pakira 0 3月 23 16:24 exe
drwxrwxr-x 2 pakira pakira 4096 3月 23 16:23 dir
-rw-rw-r-- 1 pakira pakira 0 3月 23 16:17 tmp.dat
-rw-rw-r-- 1 pakira pakira 0 3月 23 16:17 test.dat
-rw-rw-r-- 1 pakira pakira 0 3月 23 16:17 out.txt
-rw-rw-r-- 1 pakira pakira 0 3月 23 16:17 data.dat

※詳細を表示して、作成された時間が新しい順で表示されます。
-----------------------------------------------------------------

-----------------------------------------------------------------
▼ 逆順にソートして表示する
-----------------------------------------------------------------
-tオプションと-rオプションを組み合わせて実行すると、ファイル情報をタイムスタンプの逆順にソートして表示することができます。
-----------------------------------------------------------------
$ ls -lrt
合計 4
-rw-rw-r-- 1 pakira pakira 0 3月 23 16:17 data.dat
-rw-rw-r-- 1 pakira pakira 0 3月 23 16:17 out.txt
-rw-rw-r-- 1 pakira pakira 0 3月 23 16:17 test.dat
-rw-rw-r-- 1 pakira pakira 0 3月 23 16:17 tmp.dat
drwxrwxr-x 2 pakira pakira 4096 3月 23 16:23 dir
-rwxr-xr-x 1 pakira pakira 0 3月 23 16:24 exe
lrwxrwxrwx 1 pakira pakira 8 3月 23 16:29 test2.dat -> test.dat
-----------------------------------------------------------------

-----------------------------------------------------------------
▼ 1ファイル1行で表示する
-----------------------------------------------------------------
$ ls -1
data.dat
dir
exe
out.txt
test.dat
test2.dat
tmp.dat
-----------------------------------------------------------------

-----------------------------------------------------------------
▼ ファイルの種類が分かるように表示する
-----------------------------------------------------------------
-Fオプションを付けて実行すると、ディレクトリファイルには「/」(スラッシュ)、
実行可能ファイルには「*」アスタリスク、シンボリックリンクには「@」アットマークを
追加して表示します。
-----------------------------------------------------------------
$ ls -F
data.dat dir/ exe* out.txt test.dat test2.dat@ tmp.dat
-----------------------------------------------------------------

-----------------------------------------------------------------
▼ 「.」(ピリオド)で始まる隠しファイルも表示する
-----------------------------------------------------------------
$ ls -a
. .. .kakushi data.dat dir exe out.txt test.dat test2.dat tmp.dat
-----------------------------------------------------------------

また、オプションに「-A」を指定すると「.」(カレントディレクトリ)、
「..」(親ディレクトリ)は表示されなくなります。
-----------------------------------------------------------------
$ ls -A
.kakushi data.dat dir exe out.txt test.dat test2.dat tmp.dat
-----------------------------------------------------------------

-----------------------------------------------------------------
▼ ディレクトリ自体の情報を表示する
-----------------------------------------------------------------
$ ls -ld dir
drwxrwxr-x 2 pakira pakira 4096 3月 23 16:23 dir
-----------------------------------------------------------------

関連記事
サイズが大きい順並べて表示する
拡張子ごとに並べて表示する
修正時刻が新しい順に並べて表示する



■CentOS7.1サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
 「CentOS7.1」のサーバー構築手順、「VMware Player」の
 ダウンロードとインストール手順をまとめたマニュアルを
 無料でプレゼントしています。


 詳しくは↓のページで説明していますので、今すぐクリックしてダウンロードしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする