end_request i/o error dev fd0 sector 0エラーが表示された場合の対処法

HOMEリナックスマスター.JP 公式ブログLinuxエラー対処法 > end_request i/o error dev fd0 sector 0エラーが表示された場合の対処法

Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
30日掛かって覚えるプロの技術を、たった2日間で学習できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

サーバー起動時のコンソール画面やmessagesファイルに
end_request i/o error dev fd0 sector 0エラーが表示された場合の対処法です。

下記のように表示されたり、ログファイルに記録されます。
end_request_io_error_dev_fd0_sector_0.jpg

これはフロッピーディスクがない機器を使用していると表示されるエラーです。
特にシステムに影響はありませんが、無駄なログなので表示されないよう対策を行います。

1.カーネルモジュールにfloppyが存在することを確認します。
# /sbin/lsmod | grep -i floppy
floppy 69370 0

2.blacklistファイルにfloppyを追加して、カーネルモジュールから削除します。
# vi /etc/modprobe.d/blacklist
blacklist floppy ←blacklistファイルに追加します。

3.サーバーを再起動します。
# shutdown -r now

しかし、上記設定を行ってもエラーメッセージは消えなかったため、
VMware Workstation 12 Player環境であることを考慮して、
BIOSでのフロッピー無効化を実施しました。

VMware Workstation 12 PlayerでBIOS設定するには、
ゲストOSが停止している状態で「.vmx」ファイルに下記設定を追加します。

bios.forceSetupOnce = "TRUE"

上記設定を追加すると、ゲストOSを起動する際、BIOS画面になります。

変更前)
VMware_Workstation_12_Player_bios_01.jpg

変更後)
「Legacy Diskette A:」を「Disabled」(無効化)に変更します。
VMware_Workstation_12_Player_bios_02.jpg

BIOS設定を保存終了し、ゲストOSを起動すると、エラーメッセージが表示されなくなりました。



■CentOS7.1サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
 「CentOS7.1」のサーバー構築手順、「VMware Player」の
 ダウンロードとインストール手順をまとめたマニュアルを
 無料でプレゼントしています。


 詳しくは↓のページで説明していますので、今すぐクリックしてダウンロードしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする